全年齢

糖尿病の犬に与えるドッグフードは?

犬が適正のカロリーのドッグフードを普通に食して運動をしていれば糖尿病になる確率は低いと思いますが、遺伝性や肥満などの要因がいくつか重なると、犬がインスリン依存性の糖尿病を患うことがあります。
この場合は、犬に与えるドッグフードの内容を良質の肉中心に変えてあげる必要があります。

人の場合糖尿病になるのは炭水化物に含まれる糖分を摂りすぎたりすることで糖尿病になることがあります。これはおやつなどを与え過ぎる時に起こりがちです。
犬が糖尿病に罹ると飲む水の量が多くなり、したがって尿の量や回数が増えますし、食欲がある割にはいくら食べても肥満にならず逆に痩せてきます。
さらに合併症として白内障や皮膚炎あるいは膀胱炎などのいわゆるインスリン依存性糖尿病を発症します。

このような糖尿病の犬に与えるドッグフードはまずは炭水化物など糖分の多いものを除外します。
すなわち手作りの場合は米やめん類は差し控えるようにします。
さらに本来犬には不要とされている野菜類も与えないほうが良いでしょう。
また、食事の量も減らすようにして、肉類で良質なたんぱく質を中心の食事にします。
ドッグフードの場合は、良質の肉類を中心にして、そこに適度なビタミン類やミネラル類を含む食材を加えます。

このような食事に切り替えることでかなり犬の糖尿病は改善されると思いますが、ドッグフードの場合は糖尿病の犬に良いとされるものを与えるようにしましょう。
そうすれば飼い主があれこれと手間をかけて食事を作ることも無くなります。
たとえば、犬の糖分コントロールフードとかダイエットフード、カロリー制限フードなどが市販されています。

犬も時として糖尿病に罹ることがあり、その原因はまだ解明されてはいませんが、特徴はインスリン依存性糖尿病です。
しかし犬にインスリンを注射するのはよほどの症状の時であり、その場合は療法ドッグフードを与えますが、まずは炭水化物や野菜、果物を抜いた良質の肉を中心とするドッグフードで改善するようにしましょう。